TCE財団 ロゴ

キャリア・サポート研究会のご案内

〜『未来ノート』を活用したキャリア教育の事例と模擬授業〜


 最近は就職状況の好転を反映して、売り手市場と言われていますが、それに伴って
学生の就職に対する姿勢にも、気のゆるみが見えると嘆く関係者が多くなっています。
 そのため、キャリア教育への関心が今まで以上に高まってきていますが、就業への
積極的な意欲を喚起するには、自らが働く目的に気づける主体的・対話的で深い学び
の手法が必要です。当財団では、ワークブック『未来ノート』を開発して、学生が主
体的にキャリア形成に取り組む姿勢が持てるよう支援しています。
 今回、全学的に290冊を超える『未来ノート』を購入して、キャリア教育に活用して
いる東放学園音響専門学校の事例を通して、キャリア教育をどのように進めれば効果
が上がるのかを紹介致します。
 また、アクティブ・ラーニングの手法を用いながら、『未来ノート』の教員用ガイ
ドの活用についても理解を深め、実際に模擬授業を体験して頂きます。

【1. 目 的】
(1)キャリア教育の重要性への認識を深め、ワークブック『未来ノート』を活用した授業開発と運営の仕方を理解する。
(2)『未来ノート』を使ったキャリア教育の授業の事例紹介を通して、授業計画と授業の実際を具体的に実感する。
(3)『未来ノート』のコンセプトとアクティブ・ラーニングによる学習法について理解を深め、授業運営の一部を体験する。

【2. 対 象】
・キャリア・サポーター認定者
・『未来ノート』購入者および活用者
・『未来ノート』研修会参加者
・『未来ノート』導入をご検討の方
 ※全プログラムへの参加が前提となります。

【3. 日 時】 平成30年2月15日(木)13:00 〜 17:00 <終了>

【4. 会 場】 アルカディア市ヶ谷

ご案内は以下のファイルをご参照ください。

20171214_careersupport_kenkyuukai.pdf

キャリア・サポート研究会の記録(PDF)




キャリア・サポーター養成講座

本財団では、
キャリア教育推進の一助となるべく、学生のキャリア支援をするための
教職員向け研修プログラム
「キャリア・サポーター養成講座」を実施しております。
また、
団体や法人単位での開催のために、プログラム及び主教材の提供・講師の紹介を行っております。

キャリア・サポート研究会のご案内

〜『未来ノート』を活用したキャリア教育の事例と模擬授業〜


 最近は就職状況の好転を反映して、売り手市場と言われていますが、それに伴って学生の就職に対する姿勢にも、気のゆるみが見えると嘆く関係者が多くなっています。
 そのため、キャリア教育への関心が今まで以上に高まってきていますが、就業への積極的な意欲を喚起するには、自らが働く目的に気づける主体的・対話的で深い学びの手法が必要です。当財団では、ワークブック『未来ノート』を開発して、学生が主体的にキャリア形成に取り組む姿勢が持てるよう支援しています。
 今回、全学的に290冊を超える『未来ノート』を購入して、キャリア教育に活用している東放学園音響専門学校の事例を通して、キャリア教育をどのように進めれば効果が上がるのかを紹介致します。
 また、アクティブ・ラーニングの手法を用いながら、『未来ノート』の教員用ガイドの活用についても理解を深め、実際に模擬授業を体験して頂きます。

【1. 目 的】
(1)キャリア教育の重要性への認識を深め、ワークブック『未来ノート』を活用した授業開発と運営の仕方を理解する。
(2)『未来ノート』を使ったキャリア教育の授業の事例紹介を通して、授業計画と授業の実際を具体的に実感する。
(3)『未来ノート』のコンセプトとアクティブ・ラーニングによる学習法について理解を深め、授業運営の一部を体験する。

【2. 対 象】
・キャリア・サポーター認定者
・『未来ノート』購入者および活用者
・『未来ノート』研修会参加者
・『未来ノート』導入をご検討の方
 ※全プログラムへの参加が前提となります。

【3. 日 時】 平成30年2月15日(木)13:00 〜 17:00 <終了>

【4. 会 場】 アルカディア市ヶ谷

ご案内は以下のファイルをご参照ください。

20171214_careersupport_kenkyuukai.pdf

キャリア・サポート研究会の記録(PDF)




キャリアサポーター養成講座


TCEロゴ

本財団では、 キャリア教育推進の一助となるべく、教職員向け研修プログラム 「キャリア・サポーター養成講座(旧CSM講座)」を実施しております。
また、団体や法人単位での開催のために、プログラム及び 主教材の提供・講師の紹介を行っております。

「キャリア・サポーター養成講座」とは?

  • 画像イメージ1
  • 職業教育・キャリア教育機関のなかに“キャリア・サポート”=「学生が自分自身のキャリア(仕事人生)を主体的に設計・選択・決定できるように支援する」という理念を広く浸透させ、教職員として身に付けるべきマインド(態度や姿勢・考え方)を養成する独自のプログラムです。

  • 画像イメージ1
  • 例年、参加者からは、本来の目的の達成 (キャリア・サポート・マインドの養成) に加えて、3 日間の講座で教職員自身が様々なグループワークを体験したことにより、“普段の授業方法の見直し(体験学習型の授業の取り入れ等)にも役立った”という感想を頂いています。

  • 画像イメージ1
  • 平成29年3月までの講座開催回数は約60回、全国からの参加者は合計約1,100名。

  • 画像イメージ1
  • 本財団主催にて東京・大阪で開催した他に、都道府県協会・学校法人等主催により北海道・長野・静岡・京都・島根・岡山・山口・愛媛・沖縄の9地区でも実施しました。

  • 職業教育・キャリア教育機関のなかに“キャリア・サポート”=「学生が自分自身のキャリア(仕事人生)を主体的に設計・選択・決定できるように支援する」という理念を広く浸透させ、教職員として身に付けるべきマインド(態度や姿勢・考え方)を養成する独自のプログラムです。

  • 例年、参加者からは、本来の目的の達成 (キャリア・サポート・マインドの養成) に加えて、3 日間の講座で教職員自身が様々なグループワークを体験したことにより、“普段の授業方法の見直し(体験学習型の授業の取り入れ等)にも役立った”という感想を頂いています。

  • 平成29年3月までの講座開催回数は約60回、全国からの参加者は合計約1,100名。

  • 本財団主催にて東京・大阪で開催した他に、都道府県協会・学校法人等主催により北海道・長野・静岡・京都・島根・岡山・山口・愛媛・沖縄の9地区でも実施しました。

「開催のお知らせ」と「学校法人・グループ・都道府県協会等での主催開催」